いつからできた?ヘアカットの歴史について

何気なく利用されているヘアカット、美容の部分も多く、美容院に行く度に流行のヘアスタイルを楽しんだり、また自分がやってみたかったヘアスタイルを楽しんだりと思い思いにヘアカットを楽しんでいます。そんなヘアカット、施術に関する知識はあってもなかなか歴史について触れてこられないもの、そんなヘアカットの歴史についてご紹介いたします。

ヘアカットの歴史は古い?

つくば 床屋

髪の毛は勝手に伸びていくもの、もともと美容の方面でされていなかったヘアカットは自分で切ることも勿論可能です。
しかし現在専門職もあるほどに普及しているヘアカット、ではこのヘアカットを仕事としたのはいつ頃からなのか?歴史についてご紹介いたします。
実はヘアカットが仕事として生まれたのは5000年程前で、古代エジプトで生まれたものとされています。
この時美容師という仕事ではなく、僧侶や薬学者がおこなう神聖なものとされており、また理容師は外科医も兼ねていたので外科医としての仕事という認識がされていたころです。
当時は利用外科医として扱われていましたが、段々と分かれていき外科医と理容師が区別されるようになっています。
その区別がされたのが17世紀のルイ14世の時代からと言われています。
日本はまだその時は特にヘアカットの歴史はありませんでしたが、外国もあわせて考えると桁違いの歴史があるというのがわかります。
では日本では特にヘアカットという文化ができたのはいつからか?日本は元々髪の毛を切るという文化があまりなく、それまでは基本的に髪結いという形で伸ばして結うのが一般的です。
昔の人の髪の毛を見ると一目瞭然、ちょんまげが一般的だったことがわかります。
しかしいまはちょんまげをしている人はいないもの、その理由が明治時代からとなっており、断髪令が出されてからと言われています。
それまではちょんまげで固定されていましたが、髪型を自由にできる断髪令を出されたのが明治時代、そしてそこから外国文化としてヘアカットがどんどん定着していき、少しずつ現代のヘアカットへといきついています。
学校もこのあとから開校されていて、大正時代から美容学校ができています。
髪結いの技術を捨てずそれは活かし、それ以外にもエステのような技術やヘアカットについてより詳しく勉強できる、そんな環境ができていきます。
ヘアカットと聞いていまは何のこともなく利用しているものですが、実はこうした歴史があってのものとなっています。
いま髪型のバリエーションが広くなっていますが、それも明治時代からのこと、それが段々進化して流行を呼び、現在の美容院や理容室ができています。
ヘアカットだけではなくヘアカラーやパーマ、トリートメント……こうした技術に行きつくまでにさまざまな進化がありましたが、いま多くの方が美容室などでそれらを利用しています。
需要も非常に伸びており、また美容師自体も人気の職業となっています。
ヘアカットは歴史が相当に古いもの、外国の歴史も踏まえていくと今では何気ない身だしなみとしても利用されている美容、理容は昔はまた大きく意味合いもことなっています。
研鑽の中で進化し、みんなが思い思いのヘアスタイルを楽しめるようになったのです。
ちょっとした話のネタとしても使える豆知識にもなるヘアカットの歴史のお話、業務で活用するものでもないのでプロの方でも忘れてしまっていることでもありますが、この機会におさらいしてヘアカットの歴史の深さについて触れてみるのをおすすめいたします。

カット技術が向上したのは?

つくば 床屋

いまはさまざまな技術があるので、希望通りのヘアスタイルは勿論二次元のキャラ、所謂推しに髪型や髪色を近付ける楽しみも出来たほどにヘアカット、ヘアカラーは進化しています。
昔は外科医の仕事だったヘアカット、この時は主に儀式的な意味合いが含まれていたので、今のような繊細な技術を用いてのカットはなかったです。
では今のようにより理想的な形に髪型を仕上げていく、そのためのヘアカット技術が出来たのはいつ頃か?これについてご紹介いたします。
現在のカット技術はブロック分けした髪の毛を指で挟み、カットしたりすいたりするのが一般的で、現在の美容院でもよく見かけるものとなっています。
そんなメインとも言える技術ですがこれも最初はなかったもの、ただ切るのではなく、美容目的として美しく仕上げる為の技術として作り上げたのが世界的なスタイリストであるヴィダル・サスーンです。
このスタイリストによってカット技術は革命を起こし、現在のような繊細な技術ができあがっていきます。
またこの技術は実は日本に伝来して浅く、伝来したのは1980年代とされており、この時を機にヘアカット技術は現代の技術を生み出すほどに飛躍的に進化していきます。
いまは何気なく見かけているヘアカットですが、その技術も日本に伝来して漸く使われてきた技術となっています。
ヘアカットの技術は基本的に外国生まれとなっていますが、アニメカルチャーを取り入れた技術などは日本独自のもの、日本でどんどんヘアカット技術は進化しており、これからもさまざまな方法を用いてより利用者の方々の髪を美しく、自由に仕上げていくことに繋がっていきます。
美容師も理容師も同様に使われている技術もあれば、美容師が主に行っている技術もあります。
両方に需要があるので美容も理容もあるもの、髪を整える、ということは人々全てに重要な意味合いがふくまれています。

ヘアカットをきっかけに向上していく技術

つくば 床屋

ヘアカットは飛躍的に進化していますが、こうした美容、理容の技術は勿論カットだけではないです。
日本では1990年代から髪を好きな色に染めるカラーリングが流行し、この技術の導入と共に更に美容、理容技術は向上していきます。
いまは様々なカラーリングが可能となっており、昔はいなかった原色系の色も交えたインナーカラーや3Dカラーなども人気、こうした技術も昔はもっと未発達でカラーは基本的に脱色からのブラウンやブラックを入れるくらいが限度、またそれらは髪への深刻なダメージに繋がり、枝毛の原因にもなります。
しかしそうした難点も年々改善されていき、髪へのダメージに配慮されたヘアカラーは勿論、そのカラーにあわせたカット技術も向上していき、美容、理容業界の技術はどんどん向上していきます。
いまはカラーリングは定番のメニュー、自分でもできる人はいますし市販されていますが、それではどうしてもムラができてしまうということで、基本的に美容室でしてもらうという人が多いです。
また他にもパーマの技術など、髪をより美しく、そして自分らしくしていくための技術は向上、流行のヘアスタイルも注目されています。
これらはヘアカットが基礎となった美容、理容技術の向上の賜物、使用されるカラー剤や新しいヘアアレンジを十分に扱えるように日々美容師自身も進化し続けて、漸く皆様に満足のいく施術を提供しています。
5000年も前に遡って今まで進化し続けているヘアカットを中心とした美容、理容技術、これからも止まらず進化していくこれら技術はまた新たな歴史を生み出しています。
流行の移り変わりに応じて、常に最先端のカット技術を提供してくれる美容、理容業界、これからも目が離せないものがあります。
またサービスの幅も増えており、ヘッドスパやネイルなどの技術も提供しているところも増えています。